--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.23 Fri 22:59
先週歯を抜いたさくらさん。
歯を抜いた際に、首の後ろに抗生物質を投与したのですが、
アレルギー反応が出てしまって、腫れてしまいました。

再び、獣医さんに行ったところ、
2センチほど切開して、洗浄治療ということになりました。

数時間後、さくらを引き取りに行ったら、
首の後ろが四角く毛刈りされて、
ちょっと腫れあがった傷口が、ホッチキスの針のようなもので
バンバンと止めてあるのを見たときには、ぶっ倒れそうになりました。

家に帰ると、傷口が気になるらしく、後ろ足でひっかいてしまい、
絆創膏もとれて、傷の周りから出血!!


ひ~っ!!!
(自分の血は平気だけど、他人の血を見るのが怖いタイプ)


包帯を巻いてみたり、服を着せたりしてみたものの、
それ自体が気になるらしく、よけいに身体をブルブルしたり、
引っ掻いたり、ひっくり返って首の後ろをこすりつけたりして、またちょっと出血・・・。
どうしていいものか、途方にくれながら1時間ほどさくらを抱っこしていました。

でも、これでは、トイレにも行けない・・・。
なにか傷口の絆創膏がとれないようにできないものか…、いろいろ考えた結果、

ストッキングを切って、サポーター代わりにすることに。

伸縮性も良いので首を通しやすいし、前脚を出せるように穴を開ければ、
身体のラインにもフィットします。
通気性も良いので、傷口も蒸れない。
履き古した薄いストッキングだから、程よく伸びてて、
圧迫感もなく、さくらも気にならない模様。


q1-087.jpg
一見、夏用のメッシュのお洋服のよう(?)。
ところどころ、伝線しててワイルドな感じです。



ただ、見張っていないと、引っ掻いて出血してしまうので、
この1週間はストーカーのように、さくらを陰から監視しております。


今度の日曜日に、とめてあるホッチキスの針を外す予定なので、
それまでの辛抱だよ。


q1-088.jpg

どんよりとした雰囲気がただよう、受難続きのさくらさんであった。


※さくら自身は、快食快眠快便で、とっても元気ですので、ご心配なく。





プロフィール

chisato

Author:chisato
フリーでイラストやデザインの仕事をしています。

愛犬(M・ダックス)のさくらとのどうってことない日々を、つづっています。

2012年春に香港から日本に戻ってきました。

+ メインサイト +


◆ 以前のブログ

Calendar
2017.05.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク

どうぶつ救援本部


助けあいジャパン


ほぼ日刊イトイ新聞


最新記事
UNIQLO CALENDAR
カテゴリ
月別アーカイブ

Copyright © quoi de neuf ? All Rights Reserved.

Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。